本店第五営業課 係長 / H・M
Senior 04
世の中に、
投資の楽しさを
もっと広く伝えたい

入社5年目
本店第五営業課 係長 / H・M

豊商事を志望した理由を教えてください。また、入社前後で会社のイメージは変わりましたか。

入社前、金融業界には「カッコイイけど、厳しい世界」というイメージを持っていました。金融商品は、工業製品のようにカタチがあるわけではなく、営業活動は大変です。だからこそ、こういう難しい仕事を経験した方が、「将来、役に立つ」と思いました。その中で、豊商事に決めたのは、面接官の方がきちんと私を見てくれていると感じたからです。

入社前、会社に対しては怖くて厳しい場所だと、漠然と想像していました。しかし、実際は社員が優しくて、先輩や上司がきちんとサポートしてくれる職場です。また、性別に関係なく頑張った分だけ評価してもらえて、成果が給料に反映される点は豊商事の魅力です。

H・Mのインタビュー|豊商事新卒採用サイト 1
H・Mのインタビュー|豊商事新卒採用サイト 2

仕事内容を教えてください

営業活動では、主に企業の経営者の方に株などの金融商品を提案しています。今は電話営業が多いですが、新人時代は、企業への訪問営業を行っていました。訪問先の方から「がんばってるね」と声をかけてもらったり、飲み物をいただいたりすることもあって、思っていたよりも楽しむことができました。

企業を訪問する際に注意する点は

訪問先で最初に専門的な話をすると相手が引いてしまうこともあります。雑談をしたり、相手の話を引き出したりするなど、信頼関係を築くコツは先輩から教えてもらって身につけました。営業の新人には、指導外務員という先輩が付いて、一緒に企業への訪問営業をしていただけます。

係長ならではの仕事を教えてください

後輩や新人からの仕事上の悩みを聞いたり、訪問先でこういう提案をしたらよいのではないかというアドバイスをしたり、相談にのっています。実際に、彼らとお客様の所へ一緒に行って、提案や交渉のやり方を見せることもあります。

仕事上の失敗談やそこから学んだことはありますか

新人時代、あるお客様に口座を作っていただきました。その方には「上司は連れてくるな」と言われていたのに、私の勝手な判断で上司を連れて行ってしまって、ものすごく怒られたことがありました。そこから、信頼関係が壊れてしまいました。自分では些細なことだと思っていたのですが、その方にとってはとても大切なことだったのです。「お客様の仰っていることをこちらの都合で解釈しない」ということをその件で学びました。

H・Mのインタビュー|豊商事新卒採用サイト 3
H・Mのインタビュー|豊商事新卒採用サイト 4

今後はどのようなことをしていきたいですか

今後は世の中に投資の楽しさをもっと広く伝えていきたいです。
投資をする時、株であれば利益性の高い企業に向けて行うのが普通です。利益性の高い企業とは何かと考えた時、将来性のある企業が浮かんできます。例えば、これからの時代、ロボット関係の企業への投資がいいのではないかと考えることは、未来の社会を考えることにも繋がるのです。未来の社会を具体的に想像するなんて、楽しいと思いませんか。

就活中の方へのメッセージをお願いします

私は経済学部出身でしたが、入社前、今の仕事に直結するようなことを特別に学んできたわけではありません。実は、仕事をする上で必要となる資格を入社前に取得するつもりでしたが、試験に落ちてしまい、入社後に研修を受けるなどして漸く取得することができました。入社前には金融の知識がなくても入社後に学べるので、知識よりもやる気に満ちあふれ、素直な心を持った人が向いています。是非、一緒に働きましょう。