先輩社員の1日 Schedule

「お客様第一主義」を実践する豊商事の先輩社員たちは、どのように働いているのだろうか。ここでは、ひとりの先輩社員のある1日に密着して、その仕事ぶりを追ったので紹介します。
入社3年目
本店第五営業課 主任
S・Nさんの場合
7:45出社

前日の海外市場の値動きなどの情報をチェック 。市場は24時間動いているため、毎朝のチェックは欠かせない。お客様にお伝えすべき情報かどうか吟味する必要がある。

出社
8:00始業
8:15朝礼および課ごとのミーティング

営業部全体でマーケットの情報を共有する。
マーケットの状況に応じて、今日一日について課や個人の活動方針をプランニングする。

9:00~お客様への連絡

日本のマーケットが開くと同時に、既存のお客様に連絡。マーケットの動向に応じて的確な情報提供とアドバイスをする。
既存のお客様への連絡が済んだら、新規顧客開拓のための電話営業。日によってかける件数は異なるが200~300件程度。

お客様への連絡
11:30~12:30昼食休憩

午後のお客様との商談に備えて昼食。

13:00商談

新規のお客様との商談。株、為替、商品先物の中からお客様にとって最適な商品と投資プランをご提案。

15:00~訪問営業

新規のお客様開拓のため担当の営業エリアの企業を訪問営業。

訪問営業 1

訪問営業 2
18:00帰社

上司に今日一日の進捗を報告。今後の営業方針などのアドバイスをもらう。

18:10~

訪問したお客様へのお礼状や資料発送、営業日誌の記入などのデスクワーク

帰社
19:00退社

常に、お客様の期待を超える満足を目指し、最適な投資環境を提供し続けるために、豊商事の営業社員は今日も歩みを止めることはありません。